亜鉛不足が原因で白髪になるという事を良く耳にしますよね。

亜鉛不足が白髪や薄毛の原因と仮定して
亜鉛についてちょっと調べてみました
亜鉛が不足気味の食事はもちろん、亜鉛が豊富に含まれている食事をしていても食物繊維を取りすぎると亜鉛は小腸でうまく吸収できないのであまり意味が無くなってしまいます。さらに鉄分などの過剰摂取などが原因で起こることがありますので、バランスのとれた食事が大前提ですが、偏った栄養補給は白髪の進行を速める恐れがあるかもということ。

 

直接的な原因ではないけど偏った食事や栄養補給不足が白髪の原因の要因となると思われます。
結局のところ、亜鉛不足での白髪が増えるというのは老化やホルモン減少などと同じく『白髪の原因のひとつ』として考えても良いと思います。

 

50代になって最近味覚を感じにくくなった、毛の量との関係

亜鉛が不足することで、たんぱく質やDNAの合成がうまく行えず、成長障害なども起こるとされています。また、亜鉛は味を感じる味蕾細胞の産生に必須となる成分です、亜鉛が不足すると「味を感じにくくなる味覚障害になる可能性があります」最近味の感覚が変わったなど思い当たりませんか?
そのほかにも、貧血や食欲低下、皮膚炎、慢性下痢、脱毛も亜鉛不足がひとつの原因です。免疫力低下などのさまざまな症状が現れます。

 

亜鉛を最も含む食材は入手の容易さを考慮に入れるとカキ・牛肉・レバー・チーズ、魚介類ではエビなど。
亜鉛の吸収を妨げるのはフィチン酸で穀物や豆類に多く含まれているので、食べ合わせなどにも気を使いながら総合的な栄養が取れるサプリも白髪・薄毛予防にはおすすめです。

 

白髪予防として単に染めるのは予防にはなりません

白髪対策としては、見た目を変えるだけに過ぎませんので本当の意味で白髪対策にはなっていません。
白髪対策のシャンプー+バランスの取れた栄養補給などトータルで対策していくと、より黒髪効果が期待できますよね。