CA101ブラックシャンプーが凄いことになっていた!「やっぱりか」という感じ

CA101ブラックシャンプーが凄いことになっている。「やっぱりか」という感じ
通販のシャンプーに変えてからは市販シャンプーには興味もなくなり、もっと髪に良いものと更に追求するようになってからは、失敗もありますがすこぶる髪も健康な私です。
今回紹介する「CA101」ですが、2012年に発売されたこのシャンプーは、当初ネットの口コミなども広がる前から成分内容もチェック済みで、すごく気になっていました。
日頃からより良い究極のシャンプーを探す癖がすっかり身についてしまい、その中で欠かさずチェックしているアットコスメのちょっと辛口な口コミも拝見させてもらってますが、今「CA101・ブラックシャンプー」が凄い評価になって驚いてます。
まずクチコミ評価が★★★★★★☆6.0(7段階評価)この高評価は「あぁやっぱりぃ」という感じで自分も同じ評価だったので特に驚きもなかったのに対して「クチコミ数の少なさっ」。これが一番の驚きでした。私なりに分析してみると、「CA101ユーザーの年齢層」と「ヒミツにしておきたい」…この2点かなと思いました。2012年発売といえばまだスマホなどの普及率も今ほどではないし…そういったところでしょうか、でも間違いなくこれからどんどん高評価が増えてくると思えるシャンプーです。
一般的にシャンプーは「化法品」に分類されますが、CA101は医薬部外品です。同じシャンプーなのに何が違うの?と疑問に思う方もいらっしゃると思いますがここでサラッとその違いを説明しておきます。

化粧品と医薬部外品の違い
化粧品とは「清潔にする」「美化する」「魅力を増す」「健やかに保つ」等の目的で使用されるものです。一方、医薬部外品とは厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度割合で配合されてるものです。治療ではなく[防止・衛生]を目的に作られたものを指します。化粧品は医薬部外品より効果が穏やかという感じです。
医薬部外品は肌荒れやニキビを防ぐ、シミ・ソバカスを防ぐ、皮膚の殺菌などの効果を表示することが出来ますが化粧品ではできません。
医薬部外品の特徴としては【医薬部外品】の表示があり、成分表の最初に「有効成分」が記載されています。

CA101の概要
シャンプー
アミノ酸を中心に海泥、薬用炭といった天然の洗浄成分を配合。頭皮の潤いは残しつつ、毛穴の汚れをやさしく落とすスカルプシャンプー。
独自に開発した液体酵素と38種類の天然植物エキスが頭皮環境を改善。薄毛や抜け毛を予防してハリ、コシ、ツヤのある髪を育みます。
アミノ酸系弱酸性です。
容量・本体価格:240ml・2,800円
トリートメント
髪に艶と潤いを与えるデイリートリートメント(インバス)。髪の補修成分18-MEA(メチルエイコンサン酸)がキューティクルのダメージを修復し髪に自然な艶を取り戻します。
また髪内部にできてしまったダメージホールを3種類のペプチドが修復するので続ける毎に髪にハリ、コシが生まれ根元から「ふんわり」立ち上がりボリュームUPします。
容量・本体価格:240g・2,800円

 

その他に育毛剤も同シリーズでラインナップされています。

 

CA101ブラックシャンプーが凄いことになっている。「やっぱりか」という感じ

CA101の

 

 

 

 

 

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HHPCO+6EFWSA+2SXC+62ENM

 

 

CA101開発者「田村マナ」さんってどんな女性?ちょっと気になった調べてみた!

 

田村マナさんは薄毛や抜け毛に悩む1万人の女性の髪と頭皮を診断してきた美髪アドバイザーです。
以前は全日空国際線のCAとして活躍されていました、その当時田村さんは抜け毛が多くなり、頭皮めトラブルに悩まされたのがきっかけでCA仲間100人で基礎化粧品ブランドCA101を立ち上げたそうです。
このCA101のブランドネームは元CAだった事と仲間100人+田村マナさんで101と推測しますw。多分間違ってないと思います。間違ってたら訂正ください!
現在では社団法人日本毛髪科学協会認定の毛髪診断士、フロムハンドメイクアップアカデミー認定のビューティセラピスト、日本臨床毛髪学会の会員として、髪に悩みを抱える女性への支援に幅広く取り組まれています。